様々な効果が期待できるプチ整形【ボトックス注射ってなに】

ボトックス効果で自然にキュッと引き締まる。

ボトックスの美容効果

顔を触る人

ボトックスはボツリヌス菌の副産物が筋肉に働きかけ、顔面を整えるという効果を持つ治療方法です。安全性が高く、熟達した医師が施術をすると驚くほどの美顔効果があり、しわを取り顔を若返らせる事が可能になります。

ボトックス注射で小顔に

カウンセリング

ボトックス注射は、外科的な手術をしないで小顔にすることができるプチ整形です。薬剤による方法になりますので薬剤の効果がある期間ですが、施術は簡単で注射だけですみます。

ベテラン医師に依頼しよう

注射

ボトックス注射は多くの美容クリニックで行われている治療ではありますが、自由診療でもあることから適正料金で行われているかどうかをチェックし、安全を第一に考えて行われていることも重視してクリニック選びをする必要があります。

ボトックスは安全性が確立

ナース

国内の医薬品は厚生労働省が認可

美容整形外科や美容皮膚科などで行われているプチ整形術の一つにボトックス注射があります。ボトックスはA型ボツリヌス毒素を有効成分としている骨格筋弛緩剤で、発汗抑制作用も期待が出来ると言われています。そのため、プチ整形術以外にもワキガの改善や多汗症の改善などの治療で利用が行われる事も少なくありません。美容皮膚科は美容施術を行う皮膚科の専門医などであり、多汗症やワキガは皮膚の奥にあるアポクリン汗腺やエクリン汗腺などから分泌される汗が原因で起こるなどからも、ワキガ治療や多汗症治療を手掛ける病院が多いわけです。また、治療法の一つとして発汗抑制作用を有するボトックスが利用される事があると言う事になります。A型ボツリヌス毒素は食中毒の原因菌とも言われているボツリヌス菌であり、普通に考えた場合、こうした毒素を注入して身体への悪影響が起きないのか心配になる人も多いのではないでしょうか。元々、A型ボツリヌス毒素は筋弛緩作用を持つため、眼瞼痙攣や痙性斜頸などの治療薬として利用が行われたと言われています。筋肉の弛緩作用を利用する事で表情ジワを目立ちにくくしてくれる効果、小顔になるなどの作用を期待出来るなどから美容整形外科や美容皮膚科の業界内で利用が行われるようになりました。ちなみに、病院で処方が行われる医薬品やボトックスなどの薬剤は国内の厚生労働省が安全性を確認した上で承認を行っているものです。医薬品には副作用がありますが、治験により副作用のリスクを確認した上で製造販売が行われている、利用する担当医もその副作用についての知識を持つ事で安全性を確立出来るようになると言われています。ボトックスには脱力感を持つ、注射器を利用して薬剤の投与を行う関係上、注射部分の痛みや筋肉痛、発疹などの副作用が表れるケースもあると言います。これは薬剤が予想以上に強く表れた時に起こるもの、効果が半減すると同時に症状が緩和するなどの特徴を持っています。必要以上に投与するケースはないわけですが、過剰皮膚の量や皮膚の質、表情の質などを把握した上で適切な量を使って治療を行う事で副作用のリスクは下がって来ます。それ故に、施術を行う専門医は解剖学を理解している、皮膚などの質を把握しておく必要があると言われています。注射器を使って薬剤を投与するだけで小じわが目立たなくなる、しかし知識を持つ専門医が施術をしなければボトックスの効果がより大きく表われてしまい副作用のリスクが高くなってしまうわけです。経験や実績を多く持つ専門医がいる美容整形外科や美容皮膚科を選ぶ事が大切で、費用だけで決めるのではなく症例数が多いなどの特徴を持っている病院を選ぶようにしましょう。ちなみに、美容整形外科などで行われている美容施術の大半は自由診療扱いになっています。自由診療は病院側が自由に治療費や施術費用を決める事が出来るようになっているものです。そのため、ボトックスによる治療費は病院により異なります。費用があまりにも安い場合には、中国製や韓国製などの安価な薬剤を利用しているケースもあると言われており、ボトックスの施術を受ける場合には厚生労働省が認可を行っているものを利用している病院を選ぶようにするのがお勧めです。