様々な効果が期待できるプチ整形【ボトックス注射ってなに】

婦人

ボトックス注射で小顔に

カウンセリング

簡単で早く小顔を手に入れる

顔の大きさで悩む人の多くは顔のエラの部分が張っていて、顎のラインをシャープにしたいと考えるでしょう。顔の輪郭、顎のラインを直すにはマッサージ、ジムでの運動ではどうにもなりません。太った脂肪を無くすというダイエット的な考え方では対処ができず、なんらか外的な力を加えなくてはいけません。顔のエラの部分を直す方法としたら大きく2つの方法があります。1つは、外科的な手術でエラの部分の骨を削る方法です。そしてもうひとつは薬剤の注射でエラの部分の筋肉を小さくする方法です。いわゆるプチ整形です。外科的な手術で骨を削る方法のデメリットは費用が高いという点です。審美目的の手術になりますので健康保険の適用を受けることができませんので、治療に掛かる費用は数百万円かかることも珍しくありません。また、手術後の顔が腫れるため、長期に仕事を休まなくてはいけませんし、周囲に手術をしたことがすぐにばれてしまいます。骨を削るので小顔の効果はほぼ永遠に長く続きますがその後のケアが大切になります。すぐに効果をえることはできますが、手術ですので100パーセントの成功はありません。リスクがあることを考えなくてはいけないのが手術による方法の懸念事項でデメリットです。もうひとつの方法が薬剤による注射です。ボトックスという薬を顔の部分に注射するだけです。薬の効果としたら、筋肉の動きを弱める効果があります。ボトックスという薬は周囲の筋肉を細く小さくすることができます。この注射をすることで、顎のエラの部分の筋肉を細くして小顔を実現します。ボトックスのデメリットとしては薬の効果が効く期間だけになります。そのため、永遠にその効果を持続したいのであれば、やり続けなくてはいけませんしその費用もかかります。しかし、逆に元に戻るには薬をやめるだけですのでデメリットはメリットでもあります。手術によるリスクは全くありません。そして、メリットとしては、注射だけですので簡単に効果を得られることです。施術後の腫れもありませんし、急激な変化もなく少しずつ効果が発揮され、周囲に気づかれること無く小顔を手に入れることができます。仕事を休む必要もありませんし、周囲にばれることもありません。施術の時間はほんの数分ですので会社の帰りに行うこともできます。ボトックス注射の施術効果には持続期間、効果の出始めなどに個人差はありますが、効果が出始めるのは2週間ぐらいから出始め、その後8ヶ月間効果が持続するケースもあります。費用は美容外科クリニックにより異なりますし、注射をどれくらい行うかで決まります。最初はカウンセリングなどの事前のヒアリング、カウンセリングを行い、そして左右両方の顔の顎に注射しますが、1年に1,2回の注射による施術になります。1回の施術で両顔の注射で2,30000円ぐらいを考えておけばいいでしょう。ボトックス注射による小顔はプチ整形になりますが、プチと名前が付くように簡単に行うことができ、リスクも本当に少ないのです。やめたい時にはすぐにやめることができますし、なんといっても費用が安く、確実な効果が期待できるのがポイントです。ボトックス注射による小顔は安心、安全、安価で行うことができる方法です。