効果が期待できるプチ整形【病院で処方が行われる医薬やボトックス】

婦人

ボトックスの美容効果

顔を触る人

ボトックスの実際とその効果

顔面のしわは老けて見られる原因となり、また自分で意識していなくても表情がこわばり、怒っているような不機嫌な印象を周囲に与えてしまいます。実際に不機嫌な時も眉間にしわが寄りますが、表情に出ているとあまり良い事はありません。こういった悩みに対し、ボトックス注入は顔面のしわ取りに対し効果を示す治療方法で、表情を改善し、アンチエイジングが期待できます。表情を示す際には眉間や目尻にしわが出来てしまいます。神経からアセチルコリンという物質が放出されると筋肉に働いて眉間のしわの原因になります。顔面上の表情筋が動けばしわの原因になります。表情筋の動きを止めてしまえばしわも出来なくなるのです。ボトックス注入は菌の持つタンパク質の働きにより、まず筋肉を弛緩させます。そうすると周囲の筋肉が自然に引っ張られたようなつっぱりが生じてしわを伸ばし、一時的に筋肉が麻痺します。表情筋の動きを止めてしわを出来にくくします。このように医学的に裏付けられた原理を応用した施術は有効で、注射後数日、1週間以内に効果を示します。効果は半年程度続くと言われていています。また、エラを細くする効果もあり注射後2ヶ月程で効果が現れます。エラ張りは大掛かりな手術を行わなくてもボトックス注射で筋肉を痩せさせる事で可能になります。顔の筋肉によるエラ張りは肥満が原因ではないかと思い無理なダイエットをしても改善しません。きちんと専門医に原因を診断して貰う事が大事です。注射の施術は5分間ほどで終わり、麻酔も不要で簡易に受けられます。施術後すぐに化粧も洗顔も可能という簡易さが魅力で、仕事前でも注射を受けられます。しかし注射を行うには正確な知識と熟練した技術が必要になります。ボトックス療法の魅力は、注射なのでピンポイントに効果を及ぼし、他の筋肉に働く事がないという事で、そのため他の表情筋に不自然に働かない事です。ボトックスは美容皮膚科で導入される前に神経内科、眼科等の領域で多く使われて来ていてその安全性は確立されています。美容皮膚科でも10年以上の導入実績があります。世界中で1000万人以上がこの治療を受けているという実績があります。また、アレルギーの心配もありません。顔の余分なしわ、エラ張り、口角のたるみ等は人と接しているとどうしても気になるもので、相手の目が自分の顔のその部分にだけ注目していないかと思うとさらに気になりますが、ボトックスはこのような悩みを改善してくれます。美容領域では眉間、額、目尻のしわ取り、エラを取り、口角や口元のたるみ取りにも使用されています。エラを取るので顔の輪郭がシャープになり小顔効果もあります。それ以外にもふくらはぎ痩せ、ワキガ、多汗症の治療にも用いられています。ボトックス製剤にはいくつかの種類があります。アメリカFDA食品医薬品局と厚生労働省が同時認可している薬品もあれば、そうでなくとも高い安全性が確立されているものもあります。ボトックスの良いところはその効果が一定期間に留まっているという事です。万が一気に入らない効果だったとしても次回カウンセリングを受ける際にきちんと要望をリクエストできます。定期的にボトックスで美容施術を受けて若さと美しさが手に入るのは素晴らしい事です。